年末です。

もうすぐクリスマスですね。

家庭を持つと子供のための日になります。

親からのプレゼント、サンタクロースからのプレゼント。

祖父祖母からのプレゼントと、子どもにとっては最高の一日でしょう。

親は大変ですが。

二つ用意する必要がありますから。

今年のサンタさんからのクリスマスプレゼントは任天堂スイッチ。

これはうちの子どもにしたらスペシャルすぎるギフトです。

今一番欲しいもの。

高価なので上のお姉ちゃんと弟と二人でひとつです。

上のお姉ちゃんはもうサンタさんのことを信じていません。

だからお前には来ない、と言ってあります。

弟はまだ6才なので信じています。

6才で任天堂スイッチは早いと思ったのですが。

YouTubeとかで結構観てるんですよね。

ヒカキンとかセイキンとかゲームの実況中継です。

他のおもちゃとかで適当なものが見つからなかったのもあって。

すぐ飽きられても困るので、ニンテンドウスイッチならある程度長期間遊べるかなと。

これからのことも思って。

二人へのサプライズクリスマスプレゼント。

いつも玄関かクリスマスツリーの下とか窓際とかいかにもサンタさんが置いていった風においておきます。

早朝に。

それを朝起きた子どもが探すというパターンですね。

子どもはそれは嬉しいことでしょう。

でも実は僕も今からワクワク。

どんな顔をするんだろうって。

想像すると、にやけてしまいます。

今年はいつも以上にスペシャルです。

事前に、いくらサンタさんでも任天堂スイッチは無理やわ…って言ってありますから。

プレゼントはサプライズに限りますね。

サプライズプレゼントって贈る側にとってのギフトのような気がしますね。

今回そんなことに気付かせてもらいました。

僕にとってのギフトでもあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です